福岡、粕屋、久留米の調剤薬局、ひがし薬局は薬剤師を募集しています!

ひがし薬局
薬剤師・医療事務求人情報 私達といっしょに働いてくれる仲間を募集しています!!勤務時間についてなどお気軽にご相談ください。
先輩社員の声 現場の生の声を掲載しています。
医療安全の取り組み ひがし薬局の取り組みについてご紹介します。
健康ニュース 患者様に関心を持ってもらうため、壁新聞形式で掲載しております。
ひがし薬局ブログ
ひがし薬局 公式facebookページ
ひがし薬局四王寺坂店
〒811-2103
福岡県糟屋郡宇美町四王寺坂1-29-3
地図はこちら>>
TEL:092-404-7117 
FAX:092-404-7118
 
ひがし薬局吉井店
〒839-1321
福岡県うきは市吉井町729-12
地図はこちら>>
TEL:0943-76-9300 
FAX:0943-75-5275
  
ひがし薬局健康ニュース 平成29年11月号

知っていますか?

漢方薬の正しい知識

 

寒い季節となってきましたね。うがいや手洗いをしっかりと行い、風邪やインフルエンザを予防しましょう!

 

今回は漢方薬についてご紹介します。漢方薬の飲み方は?副作用は?などなど・・・

 

それでは、飲み方のポイント☆

【時間帯】

○食前(食事の30分前)

または

○食間(食後2時間経過後)

食間はご飯を食べている間ではありません(;・∀・)

 

【方法】

1.水でそのままのむ。

2.お湯や白湯に溶かしてのむ。

どちらの飲み方でも構いませんが、葛根湯など“○○湯”という名前の漢方薬は元々煎じ薬なので、白湯に溶かして鼻で匂いを嗅ぎながら飲むと効果的です☆彡

 

Q.漢方薬クイズ

漢方薬に副作用はない?○or×

 

A.× 漢方薬にも副作用は起こり得ます。漢方薬は安全だと思いがちですが、副作用が全くないわけではないのでご注意を!!

 

〈代表的な副作用〉

甘草(カンゾウ)漢方製剤の7割に含まれる代表的な成分です。

甘草による副作用は低カリウム血症、血圧上昇、むくみ、偽アルドステロン症などです。

フロセミド等の利尿剤と併用する場合は注意が必要です。

また、複数の漢方薬と併用する場合は、成分が重複し、副作用がおこりやすくなる場合があるので注意が必要です!

 

漢方薬には、副作用もありますが、より多くのメリットもありますので、正しく使用してください。詳しくは新聞版をご覧ください(*´∀`*)

2017年11月07日